白漢 しろ彩(はっかんしろさい)の噂は真実?赤ら顔ケアの正しい改善策とは?

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)の噂は真実?赤ら顔ケアの正しい改善策とは?

あなたは、以下のような悩みがありませんか?

頬や鼻、あごがいつも赤い
赤みをメイクでも隠せない
いつも顔が赤い
ニキビ跡の赤みが引かない
皮膚が薄くて毛細血管が透けて見える
敏感肌で合う化粧水が見つからない

このようなお悩みを持つ方、意外と多いと思います。

私自身、長年、このようなことで悩んでいます。

ただ、顔が赤いというだけで痛みがあったり、強い痒みがあったりするということがないので、医者に診てもらおうとも思わず今に至ります。

しかし最近になり、それらが「赤ら顔」の症状だということがわかりました。

赤ら顔について調べてみると、たくさんの人が同じことに悩んでいるということを知り少し気が楽になりました。

私も今まで職場などで「顔赤いよ」と言われることがよくありました。

周りに同じような人がいなかったので、私だけかな?私みんなと違うんだな、と悩んでいたので、同じ悩みを抱えている方が多くいることを知り少し安心しました。

これだけたくさんの人が赤ら顔に悩んでいるということは、きっと何か良いアイテムがあるはず!と思い調べてみると「白漢しろ彩」という化粧水にたどり着きました。

「白漢 しろ彩(はっかんしろさい)の噂は真実?赤ら顔ケアの正しい改善策とは?」の続きを読む…

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウ(ULU)の違い比較!どちらを選ぶと潤いアップ?

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウ(ULU)の違い比較!どちらを選ぶと潤いアップ?

少しの温度差などで顔が赤くなるという方いませんか?

「赤ら顔」と呼ばれる症状でお悩みの方、多くいるのではないでしょうか。

私は子供頃から、少しの刺激で顔が赤くなっていました。

でも子供って顔が赤くなる子が多かった記憶があり、周りの子も同じだったと思います。

ですから特に悩んだことはありません。

そのまま特に気にならず大人になりました。

しかし、ある日、職場の先輩に「顔、赤いよ?大丈夫?」と心配されたことがありました。

この先輩は本当に心配して聞いてくれたのですが、そのことをきっかけに私は周りと違うんだなということに気付いたのです。

その日以来、私は自分の顔が少し刺激で赤くなることで悩み始めたのでした。

当時は、それが赤ら顔ということもわかりませんし、皮膚科を受診しようという考えもありませんでした。

しかし悩みは解消されないまま年齢は重ねていきました。

最近になり、赤ら顔の良いと言われるアイテムがあることを知りました。

1つは「白漢しろ彩」もう1つは「ウルウ」です。

普段のお手入れで赤ら顔が改善されるのならば使ってみたいと思います。

そこで、この2つの特徴や違いなどを紹介したいと思います。 「白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウ(ULU)の違い比較!どちらを選ぶと潤いアップ?」の続きを読む…