ビタブリッドCフェイスとボディ用ビタブリッドC スキンの違い比較!どちらを選ぶと良い?

ビタブリッドCフェイスとボディ用ビタブリッドC スキンの違い比較!どちらを選ぶと良い?

本物のビタミンCを12時間浸透してくれると話題の「ビタブリッドC」を、あなたはもう試されましたか?

ところでビタブリッドCには、ビタブリッドCフェイスとビタブリッドCスキンの2種類があります。

フェイスや顔用でスキンはボディ用ですが、これらの違いはあるのでしょうか。

また選び方なども併せて知りたいと思い公式サイトを見てみたのですが、違いは表記されていませんでした。

やはり顔にはビタブリッドCフェイスを、身体にはビタブリッドCスキンを使うのが無難かなと思っていたら、知人も気になったらしくメーカーに電話して2つの違いを聞いてくれました。

メーカーから知人が確認したことをお話しますね。

まずビタブリッドCフェイスです。

これは顔用で生のビタミンCを直接送り込める商品でビタミンC誘導体といった人工的なビタミンCではありません。

使い方は、お手持ちの化粧水と混ぜてビタブリッドCフェイスを使用すると、いつもの化粧水にビタミンCが加わるので、保湿や美肌への実感力が高まると考えられます。

メーカーに問い合わせをした知人は、実際にビタブリッドCフェイスを使っていますが、潤いを透明感が増してとても良いと言っていました。
ビタブリッドCフェイスの口コミと年齢肌改善に効果!

次にビタブリッドCスキンです。

これはボディ用になりますが、アランダインという鎮静・殺菌の働きを高める成分が配合されています。

アトピーなどでお悩みの方、皮膚を整えてくれるので良いと思います。
ボディ用ビタブリッドCスキンの口コミとアトピー改善効果

ビタブリッドCフェイスとビタブリッドCスキンの違いは、これだけです。

「アランダイン」が配合されているか、いないかというだけです。

ですから大きな違いはないというわけですね。

しかしボディ用は顔には基本的に使用しない方が良いようです。

もし、どちらか1つで顔も身体も全身に使用したい方はビタブリッドCフェイスを使うと良いそうですよ。

また顔用とボディ用で使い分ける場合、アトピーなどの方で皮膚科で薬を使って治療をしている方は、お医者さんに相談して確認をとってから併用してくださいとのことです。

独断でビタブリッドCスキンと薬を併用しないでくださいね。

本物のビタミンCを化粧品で取り入れることは、これまで難しいとされてきましたが、ビタブリッドCは、それを実現させました。

食べものなどからビタミンCを摂取し身体の中からお手入れすることも大切です。

しかしそれだけでは、ごく僅かな量しかビタミンCをお肌のために働きかけてくれないので、ビタブリッドCを使って身体の外側からのお手入れを始めると良いと思います。

ビタブリッドCフェイス公式サイト⇩


ビタブリッドCスキン公式サイト⇩


rs