白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウ(ULU)の違い比較!どちらを選ぶと潤いアップ?

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウ(ULU)の違い比較!どちらを選ぶと潤いアップ?

少しの温度差などで顔が赤くなるという方いませんか?

「赤ら顔」と呼ばれる症状でお悩みの方、多くいるのではないでしょうか。

私は子供頃から、少しの刺激で顔が赤くなっていました。

でも子供って顔が赤くなる子が多かった記憶があり、周りの子も同じだったと思います。

ですから特に悩んだことはありません。

そのまま特に気にならず大人になりました。

しかし、ある日、職場の先輩に「顔、赤いよ?大丈夫?」と心配されたことがありました。

この先輩は本当に心配して聞いてくれたのですが、そのことをきっかけに私は周りと違うんだなということに気付いたのです。

その日以来、私は自分の顔が少し刺激で赤くなることで悩み始めたのでした。

当時は、それが赤ら顔ということもわかりませんし、皮膚科を受診しようという考えもありませんでした。

しかし悩みは解消されないまま年齢は重ねていきました。

最近になり、赤ら顔の良いと言われるアイテムがあることを知りました。

1つは「白漢しろ彩」もう1つは「ウルウ」です。

普段のお手入れで赤ら顔が改善されるのならば使ってみたいと思います。

そこで、この2つの特徴や違いなどを紹介したいと思います。

どちらもとても評判が良く人気も高いアイテムです。

特徴としましては、白漢しろ彩は様々な成分が打ち出されています。

それに対しウルウはセラミドケアが全面に打ち出されているので、ウルウの方がイメージがしやすいような気がします。

次に白漢しろ彩はオールインワン化粧品に対し、ウルウは化粧水となっているので前後のお手入れが必要になります。

赤ら顔をケア!和漢化粧水「白漢 しろ彩(はっかんしろさい)」の本音の口コミ

成分は、どちらも肌に優しい作りですが、ウルウは完全無添加に対し白漢は完全無添加ではありません。

ウルウの口コミと赤ら顔ケアは本当?

コストについて、白漢は化粧水なので前後のお手入れアイテムを購入する必要があるのに対しウルウはオールインワンなので、商品価格だけでの比較はできません。

また、どちらも定期購入コースがあり、白漢は定期コースで購入すると安くなりますが3回連続注文が条件となります。

ウルウも定期購入コースで購入すると割引になりますが、万が一続けられない場合は1回で止めることも可能で、連続購入の条件はありません。

最後に返金保証について、ウルウには返金保証がありませんが、白漢しろ彩は返金保証制度があります。

ただし、白漢しろ彩は返金保証制度も、購入時のパッケージがしっかり揃っていること、購入後60日間に限ること、1回限り、1品しか返金対象になりません。

返品したらこの製品はもう購入できず、送料や手数料が引かれるなどの条件があります。

購入時にきちんと確認しておくて安心ですね。

このように、それぞれ特徴等に違いがあります。

自分に合う方を見付けて継続してお手入れをしてみてくださいね。

白漢しろ彩公式サイト⇩


ウルウ公式サイト⇩

rU