顔が赤くほてりやすい!何をするとケアできる?

顔が赤くほてりやすい!何をするとケアできる?

顔が赤く火照りやすいことが私の最大の悩みです。

子どもの頃からこの症状がありました。

学生の頃は、よく「リンゴ病じゃない?」と言われたことがありました。

本当にリンゴのように顔が真っ赤になるのです。

でもリンゴ病は小さい時にかかったので違いますし、明らかに症状が違います。

大人になってからは、発熱かと心配されたり、お酒の席では飲む前から酔えて安上がりで良いね~なんて笑われたこともあります。

特に痛みとか強い痒みとかがあるわけではないので、病院にも行ったことがありません。

どうしたら良いのかわからず長年放置です。

でも、やはり解決できずに今も悩んでいて、何か対策やケアの方法があったら知りたいと思っています。

色々と自分なりに調べてまとめたので同じようなことでお悩みの方がいましたら、参考になれば嬉しいと思います。

まず、運動したときや温度差で赤くなりやすい場合、肌の色が白くて薄くて弱いのかもしれません。

知人でアトピー肌で皮膚が薄くて敏感肌の人がいますが、肌が元気になってからは赤くなりにくくなったと教えてくれました。

肌が元気だと赤くならないのですね。

肌が元気とは具体的にどのようなことなのでしょう。

それは肌のバリア機能を元気にするということです。

大切なことは、しっかり保湿をすることと肌の新陳代謝をよくするための生活習慣を送ることです。

規則正しい生活を送ることが大切であり基本になります。

ビオチンを積極的に摂ると赤くなることのケアができます。

ビオチンは、腸内細菌が生成してくれるので腸内環境を整えることも大切です。

暑くて赤くなる場合は、冷やすと良いです。

水でタオル等を濡らして赤い部分にあてても良いですし、保冷剤をあてるのも良いですね。

ローションをスプレーするのも良いですね。

保湿化粧品は無添加のものを選びましょう。

合成界面活性剤や合成ポリマーが入っていると肌荒れの原因になりやすいので使わない方が良いです。

顔が真っ赤になる「赤ら顔」の方に白漢しろ彩(はっかんしろさい)が人気です。
白漢 しろ彩(はっかんしろさい)の噂は真実?赤ら顔ケアの正しい改善策とは?

赤ら顔の原因の毛細血管が広がりに着目した化粧水です。

スキンケアと正しい食生活、規則正しい生活習慣が大切です。

でも、それだけではなかなか良い変化は現れないかもしれません。

その場合、サプリを取り入れるのも1つの方法です。

乳酸菌抽出物LFK(FK23抽出物)がメインに入っているカルグルトは、赤ら顔ケアに良いと言われており、特許も取得しています。

腸内環境も整えるサポートをしてくれるので、便秘でお悩みの方にも良いですよ。

できることから取り組んでみてくださいね。

カルグルトの口コミ効果!人気の理由

u