妊娠中は授乳中は、女性ホルモンのバランスが安定しないので、太りやすくなります。

特別な食事が必要だと考えている方もいますが、バランスのよい食事を摂ることが大切です。

今日は、妊娠中、授乳中の太り過ぎを改善するレシピをお話します。

大切な栄養素
タンパク質は、体をつくるために大切な栄養素です。
貧血になりやすいため、鉄分もしっかりとりましょう。

しかし、油分が多い多い食品を摂り過ぎると、中性脂肪が溜まりやすいので、揚げ物は少なくして、蒸したり煮ものの料理を作りましょう。カルシウムやマグネシウムは、妊娠中授乳中で不足しがちです。

マグネシウムは、大豆や海草類、豆類、葉酸は緑黄色野菜やのりに含まれています。

便秘を改善するために、食物繊維が多い、きのこ、ごぼうやいも類、こんにゃくも食べましょう。
konnyaku

■レシピ

豆腐と野菜、ひじきのごまあえ
材料 豆腐1丁、ほうれんそう1束、にんじん4分の1本、ひじき大さじ3
作り方 ほうれんそうは塩少々を加えた熱湯で茹でて、3センチに切ります。
にんじんは、細切りにしてさっと茹でます。
ひじきは戻して、茹でておき、豆腐は水気を切って食べやすい大きさに切ります。
すりごま大さじ3、だししょうゆ大さじ2、砂糖小さじ1を混ぜて、野菜と豆腐を合わせたものを混ぜます。

根野菜の生姜スープ
材料、ごぼう1本、にんじん4分の1本、だいこん6分の1本、さつまいも半分、生姜10g
作り方、野菜は2センチに切り、さっと茹でておきます。
鍋に鳥がらスープ小さじ1、水600mlを入れて、野菜を入れて煮込み、最後にしょうゆ小さじ1と生姜で味をつけます。
しょうがを入れることで冷えがよくなります。

*関連記事*
妊娠中や授乳中に太りすぎたら何を飲む?